特撮, 仮面ライダー

キャスト 出番があるだけ幸せ 現在のニチアサ枠は『仮面ライダーセイバー』と『機界戦隊ゼンカイジャー』です。 マニアならばとっくに指摘されていることですが、仮面ライダーとスーパー戦隊の様式が逆転を見せてます。 ゼンカイジャーの方はエンディング ...

特撮, スーパー戦隊・ヒーロー

期待のヒロイン? ここで書いている者は。特撮ファンを自称しています。 いますが、この頃は己れのヲタ度に疑問を持つ日々(あまり深刻に捉えないでくださいw)やはり体育会系のノリを捨てられないような気がしてならない。 閉じこもるだけで、いいのか。 ...

特撮, 仮面ライダー

キャスト 粛清 やはりこれは、そらのせいに違いない。 尾上そら!それは仮面ライダーバスターの息子。くりくり坊主の、将来きっと美男子なるぞ、という感じではない(笑)かわいい男の子であります。 『萬画 仮面ライダーバスター』が読みてぇ〜、となる ...

特撮, スーパー戦隊・ヒーロー

夫婦についての、もし? 前回の引きが、郁恵ちゃんもといヤツデの子供であり、介人の両親である五色田夫妻が、敵地のいずれかにいるかもしれない!といった感じでした。 新たにゼンカイジャーのメンバーとなったブルーンからもたらされた情報は、衝撃的なも ...

ゴジラ, 特撮, 画集・設定集

【前段】愛すべき理由 まさかこれほど出版を重ねるとは思わなかった「平成VSシリーズ」の『コンプリーション』。 第1弾の出版は『ゴジラVSビオランテ』いや、そもそも出版当時「第1弾」などと考えてもいませんでした。 「平成ゴジラ」の総括本として ...

特撮, 仮面ライダー

キャスト いないです レギュラー陣において最初の脱落となったレジエル。爆死していくなか、かつての心を取り戻したかのような笑顔が爽やかです。昔はいいヤツだったんだようなぁ〜、という感じでしょうか。現実でも、よくあるパターンです(笑)。 なんだ ...

特撮, スーパー戦隊・ヒーロー

ボクサー 今回の怪人は、ボクシングワイルド。人々をボクサーにして、目の前の相手から勝ちを上げることを至上の喜びとするような人物へ変えてしまいます。 グローブを付けてのノックアウト!しかもグローブを付ける人たちは、じいちゃんや新婦へアイドルと ...

特撮, 画集・設定集, スーパー戦隊・ヒーロー

推しです ”推し”とは、何を差すか? アイドルであったり、タレントであったり、ミュージシャンが大抵でしょうか。 正直に申せば、ここで書いている者は芸能人を推す感覚が持てませんでした。あくまで作品の延長線上にしかすぎない、といった感じです。 ...

特撮, 仮面ライダー

キャスト お別れで、考えたこと いつも冒頭を飾っていた、タッセル。仮面ライダーセイバーという物語りの進行役みたいな登場を重ねてきましたが、劇中の一角に実在するキャラであることを確認させる今回の出だしです。 ストーリーテラー、もしくは狂言回し ...

特撮, スーパー戦隊・ヒーロー

ヒロイン登場 立て続けに、これは困る。 前作『魔進戦隊キラメイジャー』においては、着ぐるみキャラに萌えさせられました。 石人間!と罵倒されても、プリンセス。中途半端に人間を模した作りの顔が青色ときては、一見してビビります。夜中に出くわしたら ...