洋画, ドラマ, 映画

評価を下すなら、純粋に作品内容に対してでなければならない!と、いうのはタテマエもいいところ。少なくとも当ブログで執筆している人には、まったく!当てハマりません。作品出来不出来以前に妄想へ走る傾向があります。内容に入れ込みすぎて、あーこー行き ...

洋画, ドラマ, 映画

今回、取り上げる映画作品について、あまり良くは捉えていません。もし『家へ帰ろう』に感動が止まらなかった、好きだったという方は今回これ以上は先に進まないほうが良いと思われます。 決して観る価値がないなどとは申しません。余程のものでなければ、ど ...

洋画, ドラマ

あまり取り上げたくない映画である。それは作品どうこうでなく、ブログにする側の問題である。ここで書いている人の力量で、書けるのか?と、思ったところで、よくよく考えた。これまでだって、きちんと表現できていたかと言われれば、自信なしである。 とは ...

洋画, ドラマ, 映画

「宮崎駿アニメで好きじゃない作品もある」と言ったら驚く人がいた。全ての作品が一定の出来はクリアしているから「好きじゃない」ということが理解できないそうだ。次いでに言われたのが、類似性はあるもののそれこそが宮崎アニメの特色である。 好きじゃな ...

洋画, ドラマ, 映画

2019年アカデミー賞最高の栄誉は『グリーンブック』に落ち着きました。そうした効果もあってか、日本でも大ヒット!息の長い公開となり、当初はなかった吹き替え版も製作されるほどです。 黒人と白人の人種差別を越えたハートウォーミングストーリー。た ...

洋画, ドラマ, 映画

リメイクがオリジナルを超えることはない!と思っていたのは若気の至り。いやいや、そんなことはなく今でもそう思う。やはりゼロから立ち上げた作品に「深さ」という点で及ぶはなかなか難しい。やはり劣化のイメージはつきまとう。ただ逆にかつての作品を現在 ...

洋画, ドラマ

地上波放送のラインナップからチョイスしてレンタルで観るシリーズ。 今回はエディ・マーフィとは懐かしい。はい、もう「ビバリーヒルズ・コップ」を映画館で観た世代です。当時、ずいぶんオシャレ(笑)な映画を背伸びして観に行ったつもりになっていました ...

洋画, ドラマ, 映画

映画好きなら観ているだろう「超有名作品」。しかーし、である。本当に観ている?自慢じゃないが、おいらはそう観ていない自信ありさ(笑) ストーリミングによる映像コンテンツの見放題が普及してきています。時間が許す限り、いくらでも映画作品が自宅で観 ...