魔進戦隊キラメイジャー【ネタバレ感想】エピソード28「時雨泣き」

以下、ネタバレありです、回を重ねるごとに独自解釈による偏見も酷くなっております(笑)どうか、ご了承のほどを。製作者などの敬称も略とさせていただきます。

ブルーが引き立たせたレッド

「君とは気が合うようだ」と、のっけのシーンからオラディン王に言われた充瑠です。今回はけっこう出番ありか、と思わせる出だしです。

この充瑠。地味な存在感が板に付くという、ちょっと変わり種のレッドとして自分は捉えております。

そう考える理由として、あまり遡ると面倒なので(笑)、ここ直近の作品で比較させていただければです。

前作のリュウソウジャーにおいて、贔屓がすぎるんじゃないかと言われるほどレッドだけで活躍できる時期がありました。
リュウソウレッドだけで、敵を倒せる。レッドだけでいい、たまにゴールドが加われば!といった後半の回が続きました。

もっともレッドだけを活躍させていたのは、最終回への伏線だったと現在なら分かります。他のメンバーだけで向かうラストバトルを引き立てさせるためのレッド突出でした。

前々作のルパパトは、もう言わずかな、レッドが勝手に個性を光らせてきます。正確にはレッドたちですが、ぐいぐい行く2人に付くメンバーが2人づつというバランスも良かった。

そして何より追加戦士が、両レッドを行き来するに相応しい抜群な魅力を放っておりました。歴代追加戦士の中でも上位に位置するほど、素晴らしいキャラでした。

前々々作のキュウレンジャーは、ともかく人数が多かった。そこが売りの戦隊であります。そして人数が多くなることで、逆にレッドの比重へ傾く状況になっていきます。

追加戦士も派手な存在感を放っていましたから、従来のメンバーが引っ込んでいくは仕方がないところです。
通常の戦隊の倍に当たる人数が揃うことで、むしろレッドを際立たせて混乱を防いでいたかのように見えて、面白かったです。

こう振り返ってみると、やっぱりレッドは戦隊の顔です。
レッドの扱われ方を見れば、その戦隊の特徴を探るうえで有効な手段なような気がします。断言はしません(笑)

キラメイジャーのレッドは、最近の作品と比較しても、またとないキャラとなっている感じがします。

個人的な趣向として、好きなメンバーはレッド以外へ向かいがちです。主役よりも脇役こそに魅力を見出し「通ぶりたい」とするイヤらしい魂胆が大いに働いていることは、正直に告白しておきます(笑)

にも関わらずキラメイジャーにおいては、レッドを推したい気分になっております。
踊り出てきても、歴代レッドに比べて前面性の低さが個人的なツボを突かれているような気がしています。

今回は、時雨をメインに据えたようなエピソードでした。

オラディン王の死に責任を感じて心を閉ざしてしまったとする「ハコブー」箱と運ぶと引っ掛けたネーミングでしょうか?とりあえず見た目が石よりも箱もどきなのが、素敵です。

けれども敵の攻撃で、すっかり機能停止状態へ陥っているキラマイストーンたちを救うためには、聖地アタマルドへ行かなければならない。
連れていけるハコブーを復活させるために、感情を取り戻させなければならない。

それには、エンタメだ!と号令をかけた時雨が、伴として引き連れて行ったのが、充瑠です。レッドが先頭を切らないどころか、引っ張られる感じ。これこそがキラメイジャーの魅力だ、とするには少々弱い気がしないでもないですが、個人的にこうした関係が今作の好きな点であります。

時雨を演じるは、水石 亜飛夢(みずいし あとむ)。初めてその姿を見たのは、ドラマデビュー作『牙狼-魔戒ノ花』でした。
当時はそれこそ充瑠を演じている小宮 璃央(こみや りお)と同年齢くらい。ただこちらは妖しいまでの美青年です。

充瑠瑞希が見せたようなさわやかな青春の恋愛とは違い、ヒロインへ寄せる想いが重々しかったです。

そんな美青年役から、幾星霜を経て当作へ出演です。キラメイジャーにおいては、笑いから泣きまで見事にこなす役者役を、しっかり演じられる役者へなっておりました。

水石 亜飛夢牙狼でデビューした後も、演技の鍛錬を怠っていなかったことが分かる今回のエピソードです。
それだけで、感動を覚えたくらいです。

冷静な計算の上での熱演で、ハコブーを泣かせて感情を取り戻させた時雨。でもちょっと騙しているみたいで気が引けているようです。

そんな時雨に、充瑠が言う。

「例え演技でも、心が救えたら本物だよ」

これこそがキラメイジャーのレッドだ!と言えるシーンです。
今回と瑞希の回が、充瑠の魅力をより訴えられているような気がします。

時雨を中心に展開しながらも、充瑠が素直に相手の機微を突く凄さ。今回は。キラメイジャーだからこその魅力が出ていたように思われます。

しかも心を閉ざしているはずのハコブーを、時雨充瑠を運んできたザビューンが話し長いからイヤだとばかり、トットと帰ってしまう。その意味がよ〜く分かる、心を開いた後のハコブーがおかしかったです。

なんて上手な展開だと思いました。

今回の脚本である金子香諸里、それと下亜友美。まだ出始めである両名の女性脚本家ですが、今後のスーパー戦隊のみならずニチアサ枠を担うまでになるのではないか、と期待を寄せています。

冒頭で、胸きゅん

よくオラディン王と夢のなかで会う充瑠です。

そんな充瑠に、シーナちゃん(マブシーナのこと)が「ずる〜い」ときます。どうして自分は見られないのか。父ちゃん(実際は「お父様」)に夢の中でもいいから会いたいそうです。

かわいいです。どストレートな女の子ぶりが、ヒロインの座を小夜さん瀬奈お嬢様に譲りません。もちろん譲っていないとするのは個人的見解で、視聴者にとってヒロインはピンクとギリーンでしょう。

自分だって普通に考えて、そうだよな、小夜さん瀬奈お嬢様だよな、と思っております。

シーナちゃんには声や行動に萌えさせられればられるほど、どうしても地球人としての美的感覚を思い知らされます。
頑張って容姿を許容したとしても、宝石という名の石の涙を流すところを目の当たりにしたら、可哀想よりダダ引きになってしまうのが地球人男子かと思うのです。

けれどもシーナちゃんをヒロインに推したい気持ちは消えません。

なんとかして、不動のヒロインの座を射止めさせたい。
そんな想いを抱える日々、抱えてはいるけどそれほど考えているわけではないシーナちゃんを、誰もが認めるヒロインにするには、どうするべきか?

最近アニメ『冴えない彼女の育て方』を見返した影響が多分にあることは否めません(笑)

そんな時に出版されたキラメイジャー本です。

出演俳優だけはなく、声優さんのインタビューをあります。

シーナちゃんを担当する水瀬いのりも、当然ながらページが割かれています。しかも衣装を決めています。

まったく現在の声優さんは、かわいいものです。
もうさ、このままシーナちゃんの地球人態で出演させてしまおうよ、というくらいです。

あの水瀬いのりが、女優として出演した作品として話題にもなりそうです。普段はスーパー戦隊を観ないアニメファン層がやってきそうな気がします。

キラメイジャーをより多くの視聴者へ訴えるために、シーナちゃんは石人間を捨ててしまえ!というわけです。

番組の人気を獲得するためならば、非道は厭わない特撮ファンの提言でした。シーナちゃんのヒロイン化は、実はさほど問題にしていなかったというオチです(笑)

【次回】まぼろしのアタマルド

いきなり渡辺勝也監督、どうしたの?というくらい凄いヒーローアクションがありました。

時雨充瑠を除いたキラメイ・メンバーたちと、ヨドンナによってパワーアップしたハイパーペチャットの間に繰り広げられた一連のバトル。

一台で追う切れ目がないカメラワーク。なんで突如として、こんな大変な撮影を思い立ったのか。アクションという予測しきれない動きの連続を、計算し尽くさなければ移動カメラによる長回しにはぶっ飛びました。

これだから特撮はやめられない、といったシーンには喜びしかありません。
きっと監督のコロナに対する鬱憤から、これが生まれた・・・かどうかは分かりませんが、ともかく凄くて良かったです。

そんな渡辺監督は、次回『まぼろしのアタマルド』で3回連続の演出となります。しかも3回とも、脚本家はバラバラ。けれども今回と次回は前後編の形です。

だからこそ渡辺勝也という監督の起用なのでしょう。東映特撮番組史を語る上で欠かせない監督が、次回は何を仕出かしてくるか(笑)楽しみです。