仮面ライダーゼロワン【ネタバレ感想】最終話「ソレゾレの未来図」#終わりじゃない

以下、ネタバレありです、回を重ねるごとに独自解釈による偏見も酷くなっております(笑)どうか、ご了承のほどを。製作者などの敬称も略とさせていただきます。

向き合うは、心

仮面ライダーの最終回はたいてい「もやもや感」が付きまとう。
う〜ん、もやもや感?こんな表現でいいのか、自分の表現力の拙さがもどかしい。

平成ライダー第1作『仮面ライダークウガ』の最終回からして、いちおう話しの決着は付くものの、これで終了となるのか?といった具合です。
平成ライダーの出発点からして、スッキリから遠い終わり方でした。

そしてここから何作か経ていくなかで気づいていくのですが、どうやら自分は「爽快な結末」よりは、むしろ考えなければいけない終了のほうが、忘れられないらしい。

忘れられない作品というのは、見返す頻度が高まります。
何度も観ることは、わざわざ悪かった点を探すためなわけもなく、良かったとしてしまう点の作業みたいなものです。確かにダメには違いないんだけど、でもそこがいい(笑)といった調子です。

やはり好きなモノに対する評論は難しい、というか出来ていない。これが当ブログです。

仮面ライダーゼロワンは難しい作品です。
今だからこそ言いますが、放送開始前に「人類とAI」と掲げたテーマが児童層を大きなターゲットとする番組で、どれだけ描けるのか半信半疑でした。

正直なところ、テーマに関しての踏み込みにはあまり期待はしていなかった。野心的な試みは評価すべきですが、ニチアサ枠というなかでは、どこか妥協を求められそうです。

これは特に平成ライダー2期以降において、スーパー戦隊も含めて、締め付けの厳しさを感じます。厄介な声が簡単に届けられてしまう状況下において、万人向けとしなければならない枷はとてもきつそうです。

世界観やキャラ設定で思い切れても、肝心の内容や表現は落ち着くところへ落ち着けるしかない。
特撮、特にヒーロー系の昼間帯における放送を今後も見続けていくならば、以上の点は意識して観ていかなければならないことだと思っています。

令和第1弾として放たれた『仮面ライダーゼロワン』けれども平成ライダーから地続きとした作品でもあります。制作において情勢が狭隘していくことはあっても緩くはならないかと思われます。

けれども視聴者の興味は引き続けていかなければならない。
従来と変わらないでは、いずれ飽きられてしまう。

ゼロワンのテーマは「人類とAI」ということでしたが、つまるところ「主人公の成長」で着地したように見えます。
当初に掲げた大きなテーマは取り入れきれずだったかもしれません。

けれども主人公の或人が、父を失った時には泣くことしか出来なかった。今度は最愛の人まで失った時は、敢えて奪った者の手で堪えきれない黒い感情を破壊させることで、自分ばかりではなく相手も救う。

仮面ライダーとしての能力を抜きにしても、大人という「力」を得ても、心が伴わなければ意味がない。強くなるということは?とする普遍の成長テーマから見れば走りきりました。

そして「弱さとは自分の心に向き合えないこと」この問題をしっかりで描いたところは賞賛したいです。
他に原因ばかりを求め、自分と向き合えない者が悲劇を起こす。この点をしっかり盛り込んだだけでも、ゼロワンという作品の意義は大きかったと思います。

ラスト演出の話数

完成度は別にして、思い出深い作品となりました。

コロナ禍によって痛い撮影中断が仮になかったとしても、どこか尻切れ感が残る作品へなっていたかもしれません。
それでもやはり作品の質を考えれば、もう1ヶ月の延長はして欲しかったです。

あくまでも予想の範囲ですが、もし通常通りであったならば、メインの杉原監督が最後に担当する話数は「2」ではなく「3」であった気がしています。

そうであれば、観たかった不破さんが叫ぶ「或人!」がカットされることもなかったと思います。

そして最終回。或人のラストバトルを早い段階で済ませ、キャストのその後に多くを割けたと思います。

特に或人が、どうしてもイズを復元したいとする執念の描写が差し込められたら、かなり完成度が変わった気がします。

けれども多少の強引さはあっても、或人と慣れないながら一緒にギャグを決めるイズの姿は、やはり嬉しいものがありました。

今後(不破さんを含めて)

話数の短縮で、もっともワリを喰ったキャラは天津垓だと考えています。
人工知能搭載犬型ロボット「さうざー」が貧相な課長室でずらり並んだラストに、お笑いキャラとしては真っ当できなかった無念さが漂っています。

アークを生むこととなった悪意のラーニングした張本人ではありますが、もう一捻りあっても良かったような気がしています。つまりを贔屓したくて、他に悪の親玉を作りあげたい気持ちが働いているということです(笑)

パンツ一丁だけで終わるにはもったいない、或人を超える笑いを取れるだと信じています。

エイムズの隊長へ復帰した唯阿の右腕となりそうな。このコンビの今後が気にならない者はいないと思われます。

しかしながらこれは、不破さんにとって相棒の席が奪われたことを意味します。
じゃあ何をしているかと思えば、仮面ライダーバルカンとして街の(世界ではない)平和を守っているみたいです。事故で車に閉じ込められた女性のために、素手でドアをぶち壊す活躍です。

無理にでもこじ開ける不破さんの面目躍如といったラストシーンです。

ただ不破さんの行動は、警護の任に就いているとする後ろ盾がきちんとしていないと、単なる乱暴者として持っていかれる可能性があります。まさかどこにも所属せず、カネがもらえるわけでもないのに独り勝手にやっている、などということはないはず?

いや、やっているかもしれない。それが不破さんです、油断なりません。最後の最後まで、怪しげな行動を取ってくれて、ブログにする身をしては本当に助かりました。

シェスタに、福添山下といった、決して出番が多かったわけではないにも関わらず「飛電インテリジェンスの名物トリオ」にまでなりました。

も宇宙野郎として、とどういった関係性を築いているのか。実はがわだかまりを抱えていて兄を許せず、うまくいっていなかったら面白いかも、なんて考えております(笑)

ゼロワンの最大の成功点は、端の役にまで至る全てのキャラがいい味を出していたことです。いずれのキャラも魅力的でありました。
だから夢中になって見ていられました。今後も、とても気になります。

ただでさえ撮影の制約へ放り込まれた作品です。冬の映画が、スーパー戦隊と二本立てとする夏映画の代用ではなく「仮面ライダーゼロワン」単独で製作されることに、テレビ放送で無理強いされた分を取り返す機会が与えられたと捉えています。

しかも出現する敵「エス」それを演じるのが、伊藤英明とくれば、さすがに芸能界に弱い自分でも、本腰を感じずにはいられません。

映画は期待できる、として待ちたいと思っています。