【ヒロインピックアップのニュージェネレーションズ その4】ウルトラマンR/B

最もよく観返すジャンルは、といえば特撮です。
さらにジャンルを絞れば、怪獣に行き当たります。
もっと詰めれば、怪獣や防衛隊ばかりとなります。

特撮シーンだけを抜き出しで観ているのです。

映画をこよなく愛する見方としては、邪道です。
本筋を見失う鑑賞家が、ここで書いている人です。
当てにならないブログ内容、それが当サイトかもしれません。

いきなりネガな導入部分となりました。
ある過去の記事を読み返したら、我ながら「あちゃー」なのであります。最近の記事です。アニメ版の話しをするつもりが、実写版の愚痴となっておりました。
ついつい近くに地上波放送されるということで思い出してしまったのです。
下手な書き方以前に、臨む態度が我ながら情けない。うまく書けるかどうかより、魅力があったアニメ版の素晴らしさを語るべきところが中途半端このうえない。
感動を届けてくれたスタッフに申し訳ない限りです。

だから対象記事となる『四月は君の嘘』のリンクを貼らないことをご了承ください。

そして前回の記事で気がついたヒロインピックアップと称して『ウルトラマンR/B』を既に取り上げておりました。
なんと、もうこのネタを使用しているではないか!書いた本人は、すっかり忘れておるじゃないか(笑)

しかしながら、以前の記事はヒロインを演じていた女優さんのその後の活動について言及でした。
ああ、良かった……のかな?

そうは言っても、R/B。しょっちゅう言及しているような気がしないでもない。ネタ被りはもちろんのこと、言説も繰り返しになっているに違いありません。
なんと言っても、書いている本人が忘れているのですから、どうにもなりません。

しかし、であります。
感動は歳月を経て、また変わるもの。当時と現在、1年後・2年後・・・といった具合に、再見はその時その時で変わります。

けれど特撮シーン抜き出しで観ているだけでは、作品そのものではなく、ただ趣味に浸っているだけではないか、とも言えます。

怪獣が出てくる、大抵の巨大特撮はそうです。

しかしながら、R/Bは他とは違う。
ウルトラマンや怪獣のシーンは観ずとも、人間の場面だけを観ます。
もっと厳密に言えば、ウルトラマンに変身する兄弟はオマケです。突き抜けた前半の敵キャラである「アイゼンくん」も、後半から登場のヒロイン絡みばかりでしか視聴しません。

ヒロインシーンだけを観るためだけにスイッチを入れます。

女より怪獣だ、といった男気ある(笑)ここで書いている人が、特撮シーンを飛ばす(現時点において)唯一の作品です。

個人的に特異な位置にある特撮作品のウルトラマンR/B!と締めたいところですが、よくよく考えてみればです。
そうだよなぁ〜、ヒロインが出てくる、特にWヒロインと化した後半は特撮シーンがらみが多かったです。

結局は、特撮シーンばかり観ています。
心揺さぶるヒロインたちに、精密なミニチュアワークに、兄弟ウルトラマンにおける多彩なシチュエーション。
やはり何度も見返さずにはいられません。

ウルトラマンR/B

出てくれなくなる、と思ってました

2019年7月29日エキサイトニュース
https://www.excite.co.jp/news/article/Shueishapn_20190729_109414/

平成仮面ライダーとニュージェネ・ウルトラマンのヒロインの違いといえば、何と言っても写真集もしくはイメージビデオの出版状況でしょうか。

ヒロイン企画をやって、知りました。

いやライダーというより、東映の規模には、やはりというか円谷では追いつけていないようです。

平成ライダーでヒロインの立ち位置にいた女優が写真集も何も出していない、という方が珍しい。でもいるにはいます。良ければ当ブログにおいて、平成仮面ライダーのヒロイン追っかけもしておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

東映と円谷における両者のヒロイン起用方向を、少々強引を以ってごじつければ、円谷の方が伝統的なキャスト選びをする感じなのではないか、と。
アイドル的より、女優を選ぶ。
写真集を出すようなルックスよりも、劇中のみで映える女優然としたキャストへ傾くような気がしないでもない。

とはいうものの、長きに渡るシリーズとなれば一概に言い切れず、その典型的な例が『ウルトラマンR/B』であった。
そうまとめたかったが、残念ながらヒロインであるアサヒを演じていた其原有沙は何も出ていない。

これほどの逸材が、なぜ写真集の一つも出ていないのか、驚愕しています。世の男性の目など、いかにいい加減か。普段は番組終了と共にヒロイン女優には、サヨナラと大手を振っているヤツが何を言うといった感じであるが、そう力説せずにはいらない。

R/Bが終了の際、もうWヒロインの女優たちは売れてしまい、過去の特撮番組に関わる余裕はなくなるだろう。そう信じていた。

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』のヒロインだった土屋 太鳳。現在は微妙(ファンには申し訳ないが偽らざる見解)だが、当時は本当にかわいかったという感想はともかく、朝ドラに映画にと大活躍である。

第2の太鳳という呼ばれ方される活躍を信じて疑わなかった。

こんな風へ考えるに至ったのは、少々傲慢な気持ちがあったことも否定できない。
なぜなら映画『俺物語!!』を劇場で初めて観たその場で、ヒロインを務めていた永野 芽郁は爆売れすると吹聴していた。

公開当時はそれほど熱が込もっていなかった賛同も、現在はこの有り様であります。俺って女優を見る目が確かかもしれない、とまさしく普段が大したことないから、ラッキーパンチが当たると調子づく典型的なパターンです。

ともかく俺を泣かせた其原有沙と、上記の永野 芽郁と同学年の木下 彩音といったダブルヒロインは大成すると疑わなかったものです。

ツルちゃんの方は写真集が出ているものの「Kindle版」のみとくる。そのくせ図書カードが高額販売って・・・まともな値段で売っていたなら(2020年3月時点)ならば、アフィリはこちらだけを貼ってただろう。

当ブログの趣旨として、アフィリは画像であると共に個人的購入意欲も反映されております。
確かに図書カードにプリントされた姿は良いが、この金額では手を出しませんです、ハイ。

マイナー感

やはり芸能界は厳しい。
事務所所属といっても、所詮は個人業。収益を上げていくほどまでなるには実力や才能ばかりでなく「運」も必要とされます。

生き残るだけでも、とても大変です。
だからこそ「大化け」する可能性もあります。

なんだかんだ活動中のR/BのWヒロイン。ともかく活躍までならなくても続けていただければ、夢が見れます。

先日のツイッター(2020年3月)において「有沙彩音」ツーショット写真がアップされました。
これには、夢を見ずにはいられません。
年齢が近いと言っても、まったくの同級でないところも良かったのでしょう。十代における2つの歳の差は、なかなか絶妙な頃合いと思えます。

キャスト同士が集合する意思なければ、後のスピンオフは難しい。
作品ではなくトークショーであっても付き合いあるなしでは、話しの広がり方が違います。

残念なのが、東映作品ならば出演キャストにおける写真集など必ず出版されるご時世において、ウルトラマンの方はさっぱりです。
こんなところから、規模の違いを感じます。

ただヲタなる者は、マイナーであるほど燃える性質があります。
充分に供給されないからこそ、喰いついていきます。少なくともここで書いている人は、そうです。

だから珍しく番組終了後もチェックし続ける女優さんとなりました。

語られるお話しが売れっ子芸能人でないうえに、たまに本音が出てくるところもまた止められない要因の一つかもしれません。
其原有沙はR/B出演によって女優をより目指すようになるまで、さまざまな葛藤があったようです。自分の十代前半と比べものにならない、思慮を必要とされたみたいです。

しっかりしている娘はしっかりしています。だから引きずられる男子も多いのでしょう。女子だって引きずられるようです。
なぜ芸能人がヒトを惹きつけるか分かる一面です。

アサヒこと其原有沙とツルちゃんこと木下彩音には、まだまだ頑張って欲しい。

そのためにもウルトラウーマングリージョを話題にするのです。

グリージョが今後の鍵になるかもしれない

公開延期になってしまいましたが『劇場版 ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』その先駆け特番として『劇場版ウルトラマンタイガ公開直前SP! グリージョの30分でわかるウルトラマンタイガ!』が組まれました。

タイガからではなくR/Bグリージョが出演です。

タイガ放送と同時に配信された『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』の存在が大きかったようです。

大きかったとは思いますが、ナビ役ですからピリカや意表を突いてフーマタイタスでも、個人的には構わなかったような気がします。

ごめんまさい、それはウソです、大ウソです。
やっぱりアサヒを出すべきです。出して正解だったと思います。
エンディングで、R/B第1話を彷彿させる格好でアサヒ自身が出てくれば、永遠に残す映像となりました。

それだけではありません。

アサヒが変身したグリージョで、ツルちゃんを偲ぶシーンには、ぐっとくるものがありました。
超全集に掲載された小説『蒼い瞳の少女は灰色と名乗った』では、ツルちゃんは自分だけウルトラマンになれないことに胸を痛めています。兄たちはウルトラマンになれている、けれども自分だけ怪獣なのは、己れの本質がそうさせているのではないか。

そんなツルちゃんのルーブジャイロを受け継いだアサヒが、ウルトラウーマンへ変身を果たす。想いが繋がれていくシチュエーションには感動せずにいられない。

以上の設定を知らずとも、ウルトラウーマングリージョ。明るくかわいいウルトラマンです。
かつてウルトラの母ユリアンは年配もしくは成人女性といった感じです。ジャスティスネクサスに至っては、別に女性にこだわる必要がないほどです。むしろ男のほうがやられてしまいそうです。

ウルトラ史上、初めてのキャラクター性と言ってもいいウルトラウーマングリージョです。
実は今後のニュージェネにおいて、グリージョこそ人気を得ていくためのヒントを備えたキャラ性と考えております。

神秘性とは無縁なほど、明るく親しみやすい女の子といったウルトラウーマン。ここに今後のウルトラマンのキャラクター性を広げる可能性を見出しております。

グリージョの好評が、ウルトラに新たな地平を開く。そんな予感めいた期待を寄せています。

でも本音を打ち明ければ、グリージョそのものを出してくれてよ!こんどの新作は、初の続編。けれどもロッソとブルはいい、出てもゲストくらい。

主人公はグリージョアサヒは当然ながら、ツルちゃんの復活も合わせてお願いしたい。
もはや予感ではなく希望になっております(笑)

個人的には、最強のWヒロイン。いつまでも、その活躍する日を待ち続けている、しつこいヲタが当ブログの主であります。