ネタバレ感想【ウルトラマンタイガ】第9話 それぞれの今

『ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーションぴあ 超大全』は買って損のない良い本だった。
ただし、なぜ?当書籍だけでなくどの本も、ツルちゃんのインタビューを拾ってこない!しつこいな、と言われるかもしれないが、これは生死に匹敵するような重要案件である(個人差あり)。事務所が受けさせない、ということはないと思うのだが。上海のイベントではウルトラマンR/Bと並んだ写真も掲載しています。
最終回あたりや、ウルトラマンだった兄たちを引き継いだ湊兄妹に対する複雑な心境を、どう演じていったか?ツルちゃんの舞台裏を知りたい、知りたいぞー!

さて、真面目な不満点としては、である。
これは別冊映画秘宝『平成大特撮』でも感じたことだが、総評とされた寄稿文がプロのレベルにあるとは思えない。大上段な言葉は使用しているものの文章や構成に取り止めなく、作品に対する読み解きも首を傾げることが多い。
当ブログを読むような(笑)レベルなのである。
書籍として購入されることを踏まえて欲しい。『平成大特撮』のほうは掲載する作品数も多く、むしろネットに飛び交う現状を知るうえで大変参考にはなった。こちらはムック本としてトリを飾る文章である。内容が承服できるか否か以前のレベルである。
いや、やっぱり内容が不承知かな。総評としての役割までいっていないのが残念だ。

けれども今回のぴあが発行したニュージェネレーション特集本は、一つの要望と一つの瑕疵を除けば、とても満足してます。やはり特撮を扱ったムック本は細かい文字で詰め込み続けて欲しいものです。

以下、ネタバレあります、独自解釈による偏見もあります(笑)どうか、ご了承のほどを。製作者などの敬称も略とさせていただきます。

【それぞれの今】再登場

脚本は、三浦 有為子(みうら ういこ)。ウルトラシリーズは『X』『オーブ』でぽつぽつ参加していましたが、『ジード』において「シリーズ構成協力」といった主要に近い役割を果たしていました。
『R/B』は不参加だったので、今回は久々の登用となりました。

監督は、武居 正能(たけすえ まさよし)田口 清隆と同期の新特撮世代であり、『R/B』メイン監督でもありました。この世代が製作するものは楽しみです。

再登場といえば、マガジャッパ・・・ではないのですね。「水異怪獣 マジャッパ」と別名になっておりました。
けれどもちゃんとウルトラマンオーブに登場した「魔王獣 マガジャッパ」の素体であると確認できて、ほっとしています。また情報間違い仕出かしたか、とヒヤヒヤです(笑)

というわけで、マガジョッパの素体であるマジョッパ。鼻から出すガスは悪臭ではなく芳香であり、麻痺や幻覚をもたらすばかりか姿まで消せます。なんだか素体であるほうが、ずいぶん優秀なような気が致します。世界を滅ぼすとされる「魔王獣」にされたほうが、能力的に劣っている気がしないでもない。
つまり他からあれこれ手を加えるよりも、元の才能を伸ばすこと大事である!その事を教えてくれた今回再登場となった怪獣であった、ということにしておきます。

それにマジョッパはマガジョッパの頃から、その愛嬌ある顔つきは素敵だとする個人的想いから、今回またの登場は嬉しかったりもします。

【それぞれの今】宇宙人?

マジョッパが封印されるところで始まった今回。封印した一族の末裔である行方マイコがゲストです。

主人公ヒロユキが勤務する民間警備会社E.G.I.S(イージス)の先輩であるホマレに焦点を当てたエピソードになります。

ホマレと古くからの知り合いである様子のマイコ。長きを経て伝わってきた小瓶は先祖が水異怪獣マジョッパを封印してきたものだった。それが解かれて暴れまわる怪獣の能力を無効化する、彼女自身の能力を発揮する。

とんでもない能力と持つ宇宙人だったマイコ。けれどもそんな能力を承知のうえで結婚してくれる相手がいると言う。

今回はホマレが古くからの知り合いから心境の変化を起こす、勇気を持って一歩踏み出すお話しです。シリーズの流れを動かすほどではなく、ただ一個人(一宇宙人)に帰するエピソードです。異種なる相手でも大事なのは、その人それ自体です。普遍でいて、難しい、でも乗り越えていきたいテーマを扱っておりました。

ただしホマレが力んでいたほど問題になっていなかった。
E.G.I.Sの仲間と言える3人に宇宙人であることを打ち明けても、無反応に近い普段通りの態度です。街にいる宇宙人を相手として商売している方々です。

それに個人的想像になりますが、社長のカナホマレの正体に全く疑いを持っていなかったとは考え難い。ちゃらけているようで実は才媛なピリカなどは気づかないふりをしていた可能性がある。

それにヒロユキ。現在は、タイガにタイタス、それにフーマといった3体のウルトラマンを飼っているような状況である(笑)。先輩が宇宙人ぐらいで驚くわけがない。むしろタイガであることを秘密しているほうである。隠し事としては、ヒロユキのほうが大きいのである。

【次回は期待の】夕映えの戦士

人のアクションと、特撮バトルを並行して見せていく演出が為されていました。特撮が演出する事件に対応していくドラマ担当の本編班という図式で製作体制は成り立ってきました。現在は特撮・本編を一つの班で演出しているおかげかもしれません。

本編と特撮のアクションをリンクさせたといえば『ゴジラ FINAL WARS』2004年公開映画であれば、以前にもあったといえばあった演出ですが、それから巨大ヒーロー特撮は苦戦する時代に入ります。ウルトラマンは製作し続けられますが、円谷一族経営による倒産寸前でありました。

よくぞ、ここまで来ました。

このたびは、少し息を抜くような回でした。けれどもマンションの共用廊下から覗き見る形で爆発を収めたカットは、たまりません!これだからタイガは、現在のスタッフは油断がならない。

次回の第10話『夕映えの戦士』合成ではない、かといって自然光でもない。古くからあるアクリルを使用した特撮手法で夕日を描くそうです。これが叙情的な効果が挙げられるからだそうです。特撮マニアにはたまらんことをしてくる監督です。

加えて『ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーションぴあ 超大全』におけるタイガ役の井上とトレギア役の七瀬における対談で「第10話に期待して欲しい」と述べられておりました。
次回です。楽しみでしょうがありません。