【ネタバレ感想】騎士竜戦隊リュウソウジャー第12話『灼熱の幻影』

騒いで観ることでないかもしれない。

騎士竜戦隊リュウソウジャーは順当に話数を重ねている。そう単純に楽しむことが一番なのかもしれない。

だけど、ここで書いている人は穿った見方をしまいます。とんでもなくハードな方向へと解釈してしまいます。あんなに明るいのは今後の伏線ではないか、といった目で見てしまいます。
考えすぎかもしれません。けれども、それもまた楽しいっちゃー、楽しい。

でも、この騎士竜戦隊リュウソウジャーは平気でスーパー戦隊のテンプレを外してくる。いろいろ想像に近い予想を喚起させてくる。今回もまた妄言も含めてストーリーを追っていくことをお許しください(笑)

以下、ネタバレあります、独自解釈による偏見もあります(笑)どうか、ご了承のほどを。製作者などの敬称も略とさせていただきます。

【ストーリー】灼熱の幻影

前回に続き、メインライターである山岡脚本に加藤演出です。

先週は怪人であるシンマイナソーはいないような活躍でした。実際、ワイズルーが当てにした時には姿を消すなど、部下として扱いが難しいも甚だしい。でも生んだのはクレオンです。親に似るではありませんが、やはり生み出した者の影響をうける怪人もいるということでしょうか。

騎士竜ディメボルケーノが新しく加わりました。新たに得たメラメラソウルがどんな見せ場を作るか。今回も楽しみであります。

冒頭

いつもの龍井家で、いつものリュウソウ族3人組に、ういを加えてディメボルケーノについてお話し中。新たなる強力なメンバー加入の話題で一色という感じです。
「なんか痛い」メルトが呟きます。足に噛み付いているティラミーゴです。どうやら一番だと思っていた存在価値が揺らいで拗ねいているようです。
ただここで問題は、なぜメルトに噛み付いたかです。本来ならパートナーであるコウへ向かうべきではないでしょうか?パートナーゆえにコウを外したのか、それとも噛んでも鈍くて気づいてもらえないと考えたか?個人的には後者の理由を推したいところです。
なんにせよ、呑気な二人を相手にしているメルトへ受難は向かうようです。考える立場ゆえ、ディメボルケーノの封印を誰が解いたか指摘できるのも、この3人のなかでメルト以外には有り得ない状態です。苦労するしかない立ち位置が気の毒であり、笑えます。

こちらは呑気とは無縁に村を出て研鑽を積んできたリュウソウ族兄弟。ノリノリの会話を交わしているワイズルークレオン、そして共にあるシンマイナソーを急襲します。
バンバトワ、この二人を引き受けるワイズルー。変な雰囲気の敵幹部ですが、強靭ぶりを発揮して退散に成功します

前半

「見えソウル」メルトバンバトワの3人でソウルの力でマイナソーの行方を求めす。
拗ねたティラミーゴを気遣い来ないコウたち、といった理由をメルトが他の二人に伝えます。
力で従わせればいい、これがバンバの意見です。しかしコウがそうしないことも理解しています。
コウは優しい、がトワの意見ですが、甘いだけだ、とバンバは切り捨てる。

バンバの複雑な想いが、どこから生じてくるのか。これからどう解かれていくかは重要な要素になりそうです。

マイナソーを生んだ元となる人間を発見しました。消防学校の生徒でした。そこへマイナソーが出現の報が入り、取り敢えずメルトだけ向かいます。

怪人は、のっけから巨大化です。これはリュウソウジャーのみの特質です。まず等身大の怪人を倒してからのパターンを排す。かなりの決断を要したパターンであると思っています。

そして変身するは、コウアスナメルトの3人。なかなか5人揃っての変身を見せません。無性にバンバトワが加わった5人揃ってが見たくなると、タンクジョウの回まで遡らなければいけません。なかなかどうして王道の見せ方を踏襲してこないものです。

ティラミーゴがいいところを見せようと先走ってやってきます。慌ててトリケーンアンキローゼも呼びますが、そこは幻を見せるシンマイナソー。うまく術中にはめられて騎士竜たちは危機に陥ります。

そこで呼ぶは、ディメボルケーノ。しかし見せられた幻は、ディメボルケーノの女性版。声を当てたのはアスナもといアスナ役の尾崎とくれば、メロメロになるのも仕方がありません。男は女に弱いもの、ワイズルーの作戦が見事に的中です。
とはいえ、女に弱すぎるだろう、ディメボルケーノよ!カッコいいと言ってくれた前回の少年ハルトがそんな姿を見たら、泣くぞ。

後半

バンバトワはマイナソーの元となった消防学校の生徒を龍井家へ連れていきます。もうすっかり了解ごととなっているようです。
けれどもおかげで謎が判明します。ういが先輩だったため、火が嫌いな映画監督志望でありながら父親の意向に添った現状からマイナソーを生み出していたのです。だから水を出します。「はい、ホンバ〜ン」も映画監督への憧れで出たセリフのようです。そして、幻を観せる。そうですね、もしかして映像とは視聴者に幻を見せる行為に近いのかもしれない。そう深く捉えてましょう(笑)

一方、コウたちの方は、戦え、ディメボルケーノよ!といった状態ですが、そう簡単に事は運びません。
「なにを言う、レディを傷つけることなどできるかぁ〜」男子として大事な心構えであり、後のコウを見れば確かに簡単にはいかないものです。ただディメボルケーノの場合は、分かっていて攻撃できないではなく、騙されきっているところが問題です。単なるスケベ心だと捉えられても仕方がないように思われます。
連絡先が知りたいだの、カノジョが一人暮らしかどうか知りたいだの、世界を守りし側にあるものの行動ではありませんぞ、まったく!

とはいえ、駆けつけたトワによって幻は消滅。バンバが種明かし。事情を知ったディメボルケーノ「なんとー」「だましたなー」単純なところが憎めないどころか、好感が持てたりします。

もっとも一体だけではシンマイナソーに敵いません。

ディメボルケーノと違って、こちらは少々複雑なティラミーゴコウが説得します。お前が一番だ、と。するとやる気になったティラミーゴです。承認欲求を満たしてやることで、何とかなりました。ある意味、面倒なやつであります。

ティラミーゴディメボルケーノが合体!乗り込むのは、コウのみ。他は戦闘を見守りつつ、ソウルを使用して援護をしたりする。戦い方が明らかにこれまでと違う。少なくともメインの戦い方を決めることがない。

リュウソウジャーはこれまでタブーに近かった戦闘パターンの変化へ踏み込んでいます。だから雰囲気は従来のものへ寄せようとしているのでしょう。ストーリー構成も1話完結っぽくであり「いかに王道へ見せかけるか」それがこの作品が面白さであり目が離せないところであります。

シンマイナソーは、キシリュウオーディメボルケーノに乗り込んだコウへ、ういアスナといった姿を見せます。これには攻撃をためらってしまいますが、次に化けて見せたのはメルト。時間の関係もありますし、ここは笑いを取る王道のパターンを踏むところです。
ということで、メルトにはためらいなくコウは剣を振るいます。分かっていても笑ってしまうシーンでした。なんかメルトは初登場からは予想もつかない「おいしいキャラ」へ仕上がりつつあることを実感しております。
メルトは好きだなぁ〜、そんな視聴者が数多く生まれつつあるのではないでしょうか?なぜなら自分がそうなりつつあるからです(笑)

【エンディング】そして来週

無事、マイナソーを撃破。おかげで生命エネルギーを吸い取られていた「ういセンパイ(龍井先輩ではないらしい)」と呼ぶ消防学校の生徒も無事解放である。二人だけだったせいか、そこへ帰ってきた龍井父が仲も勘違いするところは、今回の裏テーマである男女の仲を描いている・・・のかな?(笑)

しかし毎度において思うのが、もしマイナソーが倒せないほど強大だった時はどうするのか?やはり世界を救うため生んだ人間を消さなければならなくなるのか?
この辺りのことは、どこかの盛り上がりか、最終局面かに持ってきてもいいくらい重大なテーマである。ここはじっくり描い欲しいと思う。

リュウソウジャーを倒せなくても楽しめればご機嫌なワイズルーとやさぐれ具合がいいクレオンの前に現れたガイソーグ。『4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!』以来のお久しぶりである。

ディメボルケーノの封印を解いたのは、ガイソーグだと判明します。いったい何を考えているのか?次回も出てくるようです。

けれどもっと気になるのは、ゲストの女性総理大臣!しかも不老不死のリュウソウ族の一人であり、どうやらバンバと関わりがありそう。次回が待ち遠しい限りです。