【令和の最初のウルトラマン情報】トレギアが来るぞ!の『ウルトラマンタイガ』

情報を追うと、その記事は古びてしまうので、なるべく取り扱わないようにしています。

でも、もちろん例外はあります。後になって見返したら、懐かしい気分に浸れる話題もあります。今更ながらですが、ここで書いている人は特撮が好きなようです。ウルトラマンの情報が流れてくると我慢ならないようです。

以下、ネタバレ及び独自解釈による偏見(笑)が含まれますことをご了承ください。製作者などの敬称も略とさせていただきます。

【ウルトラマンタイガ】分かっていること

ウルトラマンタイガ』2019年7月6日(土)から、東京テレビ系列で放映開始です。
平成においては飛び飛び製作だったウルトラマンでした。おかげ仮面ライダーの方は大体的に「平成」を打ち出してきましたが、ウルトラマンは今ひとつでした。
ニュージェネレーションとして、第7弾に当たります。ウルトラマンも「令和ウルトラシリーズ」となるくらいに息の長いシリーズ化して欲しいです。この『ウルトラマンタイガ』がその第一弾として記憶に刻まれるような作品になってくれることを期待します。

【ウルトラマンタイガ】その設定

ウルトラマンに変身する主人公「工藤ヒロユキ(演:井上祐貴)」宇宙人絡みの事件も取り扱う民間の警備組織『E.G.I.S.(イージス)』で働いているそうです。

この主人公である工藤ヒロユキに「3人のウルトラマンが宿る」そうです。これだけ聞いただけでも、とても面白そうです。ガンガン来てます。ニュージェネのスタッフは期待できます。

まず一人目が、目玉として大きく取り扱われているウルトラマンタロウの息子であり、番組タイトルにもなっているM78星雲出身『ウルトラマンタイガ』。

二人目はなんとびっくり『ザ・ウルトラマン』が出自となる「U40」が出身地という『ウルトラマンタイタス』。

三人目は、こちらはオーブやルーブでお馴染みの惑星O-50(オー・フィフティ)出身の『ウルトラマンフーマ』。

この3人のウルトラマンがそれぞれの得意を活かし(パワーとかスピードとか)戦っていくようです。
タイプチェンジをそれぞれのウルトラマンに割り当てるなんて、よく考えたものです。

ウルトラマンタロウ

ウルトラマンタイガの父は『ウルトラマンタロウ』ゲストでよく登場してくれますし『ウルトラマンギンガ』ではレギュラーでした。

ウルトラマンタロウ』の本放送は1973年4月から翌年の4月にかけて、全53話放映されました。オールドファンの一部から、かなり叩かれた作品でありました。それだけ冒険心溢れた作品でした。とはいえ、何より主眼に置かれたのは「親しみやすさ」そして特撮の円熟度は最高潮に達しています。

やっぱり特撮は続けなければいけません。ニュージェネレーションもここに至り、使用するミニチュアが溜まってきていい具合みたいです。これからもがんばって応援しましょう(笑)。

演じていたのは、篠田三郎。すっかり大物俳優になってしまったためか、その後の出演は本放送以外はありません。その後は声を当てている石丸博也のイメージで出来上がっていると思います。

それにしてもセブンの息子ゼロといい、赤系のウルトラマンは父親になり易いのでしょうか?ナゾだ(笑)

ザ・ウルトラマン

ウルトラマンタイタス』の出身を『ザ・ウルトラマン』から持ってくるとはやられました(笑)。

ザ・ウルトラマン』は1979年4月から約一年に渡って、全50話が放映されました。アニメです。ようやくウルトラマンの復活だ!と思っていたら、アニメです。当時、がっかりしたことを覚えています。
それでも観ていました。そして序盤は特にどうということはなかったけれど、『ウルトラマンタイタス』の出身地である「U40」が舞台として出てきた頃から熱が入ってきたと思います。
M78星雲の光の巨人という従来の設定を変えてきたところから如実にお話しが面白くなる。これは平成に入ってからのシリーズ作りを鑑みれば興味深い点です。

本作の主人公ヒカリと、それに乗り移るウルトラマンジョーニアス。ジョーニアスの妹とヒカリがなかなか良い仲になる。しかもヒカリに想いを寄せる隊員女性がいる。今思えば、けっこう攻めていた作品でした。

【あっさり】ウルトラマントレギア

ところで『ウルトラマンタイガ』の宿敵として『ウルトラマントレギア』が出るそうです。

コスモイーターことルーゴサイトを暴走させた張本人か?と目されているトレギアです。もし間違いなければ、ツルちゃんにとって真実の仇です。その命を奪う原因となった許されざる敵となります。

劇場版 ウルトラマンR/B セレクト! 絆のクリスタル』において、得体の知れない敵として散々引っ掻き回してくれた『ウルトラマントレギア』いったい何者なんだ!?
ウルトラマンタロウの親友だったそうです。出身地は、M78星雲だそうです。ベリアルより先か後かは分かりませんが、闇に落ちたウルトラマンの一人のようです。

なんかその辺りは劇中で分かるみたいな感じで良かったんだけどなぁ。前情報を追う難しさですね。

【大人の気持ち】ツルちゃん

ウルトラマンフーマ』は惑星O-50出身です。トレギアといい『ウルトラマンタイガ』の舞台は『ウルトラマンR/B 』と地続きだと考えたい。

ニュージェネレーションは過去の客演に頼らないで製作する時期に入っているのかもしれない。『ウルトラマンR/B 』を観て、つくづくそうは思います。
思うのですが、やはりである。まず、どこかでツルちゃんは出ないかなぁ〜と邪な想いが捨てられない。当然それに伴ってアサヒも出るだろうと勝手に思い描いている。
ウルトラマンR/B 』のふたりのヒロインが出演してくれるなら、カツミもイサミもいらん!とそこまで思っている、酷いやつである(笑)

ヒロインたちを出してくれるならウルトラ兄弟を捨てるやつではあるが『劇場版 ウルトラマンR/B セレクト! 絆のクリスタル』は予約してまで購入しようと思ってます。でもディレクターズカットってやってくれないのかな。どうやら未使用映像が特典として付くくらいだから、う〜んやって欲しかったなと諦め悪く思ってます。