【リュウソウジャー、観るわ、こりゃ】4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!

『警察戦隊パトレンジャー』ではなく『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』が終了してから、はや1ヶ月が経ったことを実感する4週連続スペシャルの終了。光陰矢の如しです。そして取り上げずにはいられないスペシャルでした。

以下、ネタバレが含まれます。パトレンを始めとする偏愛も酷いかもしれません。どうか平にご容赦のほどをよろしくお願いします。製作者などの敬称も略とさせていただきます。

【第1週目 悲しみ篇】けいいちろうぉおお!

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』が終了した際に流れた、翌週の予告に期待しませんでしたか?

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!』数々の戦隊レジェンドに、圭一郎の姿があるではないか!そうかぁ、ルパレン抜いた形でパトレンジャーだけが見られるのかも、と行きすぎた妄想を抱いておりました
の報いだったのでしょうか、圭一郎が!である。

えー、それだけかよーーー!

優勝すれば望みが叶えられるという招待状が戦隊のメンバーへランダムに送りつけられます。ええ、ランダムですよ。役者の都合やスケジュールなど製作側の苦労を踏まえたランダムです。
姿は見せずとも、声だけでもオリジナルと、カクレンジャーのニンジャホワイト:広瀬仁美ダイレンジャーのリュウレンジャー:和田圭市が参加しています。クレジットを見なければ気づけないような出演もあったりします。ヲタもといファンにとって嬉しい限りです。

そうそう、圭一郎であった。

先週からの続きかと思わせるくらい普通に国際警察(GSPO)の事務所で、ひとり残業か(笑)という圭一郎である。平和を願うが実現の難しさに独りため息を吐く圭一郎。やはり我らのパトレン1号こと朝加圭一郎は最終回の後でも変わらない(まだ、翌週ではあるが)

そこへ願いを叶える招待状!転送されるは惑星ネメシスというところ。会場にはたくさんの戦隊の方々である。先輩たちを感無量で見つめる圭一郎である。敬意を払うべき相手にはきちんとした態度で臨むは、さすがである。若者にありがちな傲慢さがない。

んて、思っていたらである。
バトル1回戦で当たったジュウオウイーグルこと大和(風切大和)とのバトルを経て問答になったらである。
圭一郎の願い「世界平和」に対して、大和は「みんな思ってるけど言わないやつ」「世界中のみんなで力を合わせてつかみとるもの」と切り返される。
納得するなぁー、圭一郎!誰も口しない願いだからこそ、圭一郎が声を上げるのである。力を合わせところで叶えきれない「平和」だからこそ、願って欲しい。ならば最終の第4話で黒幕の姉ちゃんが、正義のヒーローなんかいなくて悪に蹂躙されるばかりの境遇であったため、ぐれてしまったみたいである。
地球はまだいい、スーパー戦隊が居座ってくれている。だが宇宙規模で捉えた場合、やはり守る手が届かず泣く子供がいるはずなのだ。
圭一郎、おまえの願いは正しい!いつまでもその気持ちを忘れずに生きていてくれ。

しかしなんだなぁ、ここで魁利(ご存知、ルパンレッド)がいてくれれば「なぁに、言っちゃんてんの」と否してくれていたんだろう。『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』が楽しみだ。

ところで『動物戦隊ジュウオウジャー』特に大和ファンには少々辛い内容になってしまったことをお詫びする。
こいつのパトレン好きはこうしてなったという記事で、ご容赦願いたい。

【第1週目 喜び篇】意外とボウケン

ゼロ年代におけるスーパー戦隊で最も好評だったと言えば『特捜戦隊デカレンジャー』だっただろうと思われる。自分の周りもデカ好きばっかりだったし、『10 YEARS AFTER』ばかりでなくギャバンと絡めるなどの展開ぶりを見ると、やはり根強いファンが多くいると思われる。
4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!』においてはドギーつまりデカマスターが活躍した。個人的には、よぉ久しぶり!ぐらいなものである。

久方ぶりに出てきてくれて、あくまで個人的に感激したのはボウケンシルバーこと映士が「スタート・アップ」と変身するところとか、サージェスと連絡が取れないみたいなことを言っているシーンとか。紹介に当時のナレーターである太田真一郎の声がそのまま当てられたのは嬉しかったなぁ。ズバーンも普通にバトルシーンでは目立っていました。
そうそう圭一郎が惑星ネメシスに転送された際、ボウケンイエローの衣装がちらり見えたような気がした。バトルシーンでも出てきていた。だが声は演じていた中村知世じゃない。どうやら子供が生まれたばかりらしい。オファーを出したがタイミングがうまくいかなかったか。

つまり自分は『轟轟戦隊ボウケンジャー』が特別にツボのはまった作品だったということである。あ〜あ、その後のボウケンジャー、やってくれないかなぁ。『轟轟戦隊ボウケンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でも、ぜんぜん構わんぞ(笑)。なんかボウケンレッドの明石と圭一郎のやりとりが楽しくなりそうな気がするんだけどなぁ。

他にもゴーオンレッドも本人出演でっせ〜(うわ、我ながら、すげぇ付け足し感)。


轟轟戦隊ボウケンジャー 全12巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

【第2週目】遅まきながら

遅まきながら『4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!』おける主要メンバーは以下の通りになります。

●ジュウオウイーグル/風切大和:中尾暢樹
●ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス:小澤亮太
●サソリオレンジ/スティンガー:岸洋佑
●アカニンジャー/伊賀崎天晴:西川俊介
●トッキュウ5号/カグラ:森高愛
●リタ:浅川梨奈

特筆してあげたいのは、マーベラス。つまり小澤亮太である。中川◯子との間におけるスキャンダル報道は、俳優を続けていくうえで波をかぶる局面を迎えたに違いない。身から出た錆だと言われてしまえばそれまでだが、それでも糧にして頑張って欲しいとは思う。またやらかすかもしれないが、いい演技を披露してもらえればいいんだ、という作品が良ければいいという外道なファンはそう思ってしまう。
マーベラス、良かったです。レッドが揃うチームのなかで、見事にゴタついてくれました。ヒーロー同士で話しをかき回す役どころに当たるには、海賊か怪盗のレッドぐらいじゃないと難しいと思う。

先走りましたが、声の出演のお二方(リュウレンジャーとニンジャホワイト)は、この回の登場となります。

そして来たぞ、金子昇が演じるガオレッドこと獅子走のセリフが熱い!
「リーダたるもの、熱くないとチームを引っ張れない。熱く見えないヤツもいるけど」
「スーパー戦隊全てにおいて共通していること。それは互いの信頼の上にチームが成り立っているということ」
そして何より自分に響いたのは、これ!
「レッドは楽。みんなを信じればいいんだから」
深い、これこそがレッドのレッドたる所以である。仲間やサポートしてくれるみんなを信じる。それはとても楽じゃない。実は楽じゃないことを、楽だと言い切る、それがレッドを担う者の言葉ではないか。

いっぽうストーリーとしては謎が深まる第二話でした。

【第3週目】今はまおです

ついにゴーカイイエローことルカが登場です。フルネームはルカ・ミルフィです。市道真央が出演です。でもこの頃はM・A・O(まお)の声優活動のほうが馴染みです。もう声優としては売れっ子と申していい活躍です。

お話しは徐々に核心へ迫っていきます。もうストーリーが重要になってくれば、上述の客演メンバーがそのままきます。つまり個人的に口が挟めるシーンがなくなってきたというわけです。

あとは、がんばれ、メインキャストになったスーパー戦隊のメンバーよ!といったところでしょうか。

【第4週目】お縄のリタはどうなる

五人とはいえ、選びに選び抜かれたスーパー戦隊のメンツである。負けるはずがない。

結局は、大会主催者に成りすました姉ちゃん(リタという)を捕縛する。
ところでその際だが、さそり!いかん、いかん、スティンガーの行動に対する不審感で、ついぞんざいに呼んでしまった。でもさ、リタに手錠する時になんて言ったと思う?
「俺はいつか君の笑顔が見たい。だから、ちゃんと罪を償ってくれ」
やさしく囁きかけるように言う姿は口説いているとしか思えん。しかもこれにコロリとやられてリタは殊勝に腕を差し出すではないか。

いのか、リタ!そんなおとなしく捕まって!
お前の罪は相当重いぞ。スーパー戦隊全部を騙して、そのエネルギーをかき集めたのである。宇宙を滅ぼす究極大サタンを甦らせたのである。宇宙に生息する生命の一掃である。最高最大規模の虐殺を行おうとしたのである。
通常は極刑であろう。「宇宙、死ね」を口癖にするやつである。危ないやつったら、ありゃしない。
とりあえずスーパー戦隊のおかげで未遂に済んだからと情状酌量を求めたとしてもである。成りすますため、どこかへ追いやった元大会主催者が、である。死んでいたら、情状酌量の余地がなくなるのではないか。死罪は免れたとしても、辺境惑星で過酷な生涯を過ごす羽目になるかもしれない。
自ら犯した罪のせいとはいえ、なんで生きているのか判らない境遇にリタはスティンガーの優しさに疑念を抱くようになってしまうかもしれない。「宇宙、死ね」とまた罵る性格へ戻ってしまうのではないか。

を言う、スティンガーである。きっと一生涯、リタが流刑地送りになっても気にかけてくれる。見守り続けてくれる。スーパー戦隊に所属した者が中途半端な覚悟で優しさなどかけてはいけない。男なら、責任を持て!できなければ、呼び名はさそりに逆戻りだ。

それにしても「究極大サタン」その名前のわりに……な活躍が忘れられぬ敵となりました。

【そして翌週は】騎士竜戦隊リュウソウジャー

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!』楽しませていただきました。しかも、なんと!ディレクターズカット版が出るらしい。やっぱりそれくらいはしてもらおうよ。ウルトラマン・ニュージェネレーションも待ってるぜ!

レジェンド戦隊の活躍ばかり取り上げててもいけない。

まだ顔出しはありませんでしたが、リュウソウジャーのブラックとグリーンが強さを見せてました。一方が兄さんと呼んでいたので兄弟でしょうか。
あとブラックとグリーンが空だと置いていったアイテムを手にする人物がいました。レッドにしては、ちょっと年齢を重ねすぎなと思ったら黄川田将也じゃないか!『仮面ライダーTHE NEXT』は未だよく観返す作品である。調べたら、マスター・レッドとある。
ん? マスター? それもまた来週からである。楽しみに待とう。


【早期購入特典あり】4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル! ! 特別版(Amazon.co.jp特典:キャラクターカード5枚セット付) [Blu-ray]

【早期購入特典あり】4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル! ! (Amazon.co.jp特典:キャラクターカード5枚セット付) [DVD]